本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

5.猫伝染性腹膜炎(FIP)とは 症状・原因・治療法

猫伝染性腹膜炎(FIP)について解説します。感染症の中でも最も怖い病気といわれます。日本の猫の7割ほどが感染している「猫腸コロナウイルス」が突然変異したものが、「FIPウイルス」です。感染すると死亡率が高く、純血種のオスで1歳未満はなりやすいと言われます。診断には総合的な検査が必要です。治療についても説明します。(講師:服部幸・東京猫医療センター院長 収録日:2021/8/25 動画26分57秒)

本講義の視聴条件

このクラス内の講義がすべて見られる
プランはこちら

講義の資料をダウンロード

※講義の資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  •   「猫伝染性腹膜炎(FIP)とは、症状・原因・治療法」講義資料.pdf(1.33 MB)

※動画視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。通信料は利用者の負担となります。

関連講義