本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

5.健康管理のため「触られる」ことに慣らそう

爪切りや歯磨きといった健康管理のためには、犬が体を触られることに慣らすことが大切です。特に診察では、「保定」と呼ばれる体の固定が必要です。そのためにも、まず犬が触られることに慣らす練習から始めましょう。具体的な練習方法とそのポイントを解説します。(講師:鹿野正顕・スタディ・ドッグ・スクール代表 収録日:2021/4/19 動画11分43秒)

本講義の視聴条件

このクラス内の講義がすべて見られる
プランはこちら

この講義のみを視聴したい方はこちら

講義の資料をダウンロード

※講義の資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  •   「5.健康管理のため『触られる』ことに慣らそう」講義資料.pdf(567.41 KB)

※動画視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。通信料は利用者の負担となります。

関連講義