本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

4.猫の尿道閉塞とは 注意したい症状・治療・予防

猫の尿道がつまる尿道閉塞について、レントゲン写真をまじえながら解説します。猫の尿が出ない、何度もトイレに行く、がサインです。オスに多い病気のため飼い主さんは要注意です。尿検査をする場合、尿は冷蔵せず、新鮮な尿を用意することが大切です。治療法と予防について説明します。猫の異変に気づいたら早く受診しましょう。(講師:服部幸・東京猫医療センター院長 収録日:2021/8/25 動画16分50秒)

■講義目次
0:00:00 冒頭
0:00:45 尿道閉塞とは
0:02:27 尿道閉鎖の症状
0:03:47 オスの方がなりやすい理由
0:04:47 尿道閉塞を起こす原因
0:05:32 結晶と結石の違い
0:06:57 尿の保存
0:09:09 結晶でも詰まる(動画あり)
0:10:59 結晶は結石より流れやすい?
0:12:10 尿道閉鎖の治療
0:13:33 尿道閉鎖の予防
0:14:04 尿道閉鎖に気づくのが遅いと手術になる?
0:15:30 コースのまとめ

本講義の視聴条件

このクラス内の講義がすべて見られる
プランはこちら

講義の資料をダウンロード

※講義の資料は動画視聴可能になるとダウンロードできます

  •   「猫の尿道閉塞とは、注意したい症状・治療・予防」講義資料.pdf(999.07 KB)

※動画視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。通信料は利用者の負担となります。

関連講義