本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

この動画はサンプルです。
【コース】猫の感染症とは?人にうつる?代表的な病気や予防法

5.猫伝染性腹膜炎(FIP)とは 症状・原因・治療法

猫伝染性腹膜炎(FIP)について解説します。感染症の中でも最も怖い病気といわれます。日本の猫の7割ほどが感染している「猫腸コロナウイルス」が突然変異したものが、「FIPウイルス」です。感染すると死亡率が高く、純血種のオスで1歳未満はなりやすいと言われます。診断には総合的な検査が必要です。治療についても説明します。

講師:服部幸・東京猫医療センター院長
収録日:2021/8/25
動画:26分57秒

■講義目次
0:00:00 冒頭
0:00:16 猫伝染性腹膜炎 FIP
0:00:33 コロナウイルスとFIP
0:02:40 猫腸コロナウイルス(FECV)
0:03:21 猫伝染性腹膜炎(FIP)
0:03:50 突然変異するかどうかは
0:04:32 FIPは純血種で多い?
0:05:13 FIP発症猫の特徴
0:06:21 FIPの症状
0:07:30 必ずしも分類できない
0:08:01 腹水・胸水の貯留(写真あり)
0:08:20 精巣肥大(写真あり)
0:08:58 目に見られる症状(写真あり)
0:09:47 FIPの病変が出る場所
0:10:32 FIPの検査
0:10:47 大切なのは症状!
0:11:35 次に検査!!
0:12:31 コロナウイルス抗体価?
0:12:58 猫コロナウイルス抗体価の比較
0:13:57 猫コロナウイルス抗体価:会社による違い
0:14:42 コロナウイルス抗体価の評価
0:16:12 遺伝子検査PCR法?
0:16:25 遺伝子検査(PCR)の評価
0:17:13 FIPの診断は総合的に!
0:18:33 検査の期間は長引く?
0:18:51 FIPの治療法
0:19:23 FIPの治療について
0:20:15 GS-441524
0:21:10 COVID-19の治療薬として検討されているレムデシビル
0:22:00 猫コロナウイルスの感染力
0:22:56 FIPは伝染する?
0:24:26 ワクチンは無いのか??
0:24:52 ストレスの少ない環境
0:25:32 コース全体のまとめ

本講義の視聴条件

まなびばsippoのクラス会員が視聴できます。

講義の資料をダウンロード

※講義の資料はクラス会員のみダウンロードできます

※動画視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。通信料は利用者の負担となります。