本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

この動画はサンプルです。
【コース】愛犬の様子がおかしい!救急医がこれだけは伝えたい症状と対処法

1.犬に危険!最も多いチョコ・タマネギ 症状と対応

犬にチョコレートを食べさせてはいけないことを知っていても、どれくらいの量が危険か、なぜ食べてはいけないのかについてはあまり知られていないのではないでしょうか。救急専門の獣医師が解説します。チョコを食べると犬はどんな症状を起こすのでしょうか。実際、チョコを食べた場合、動物病院でどんな対応をするのか、処置の様子を動画で紹介します。 また、犬が食べてはいけないものとしてタマネギも有名です。貧血を起こしたり腎臓に害があったりする食品です。食べて数日後に症状が出ることもあります。タマネギ以外にも長ネギやニンニクも注意したい食べ物です。いずれも犬を飼う飼い主さんに知って欲しい知識です。

講師:中村篤史先生(TRVA夜間救急動物医療センター院長)
2006年北里大学獣医学部獣医学科卒業後、東京大学附属動物医療センターなどで研修を経て、2011年にTRVA夜間救急動物医療センターの開院に伴い院長に就任。日本獣医救急集中治療学会理事長。

収録日:2021/11/22
動画:30分31秒

本講義の視聴条件

まなびばsippoのクラス会員が視聴できます。

講義の資料をダウンロード

※講義の資料はクラス会員のみダウンロードできます

※動画視聴には大量のデータ(パケット)通信を行うため、携帯・通信キャリア各社にて通信料が発生します。通信料は利用者の負担となります。